// 記事のビュー数を更新(ログイン中・ロボットによる閲覧時は除く)

理系男子の暮らし術

通勤時に1年間使ってみて分かったaudiobook jp(オーディオブック)のメリット

こんにちは、むーやまです。

僕は昨年からの1年間、片道1.5時間かかる場所まで車通勤していました。

長い通勤時間は色々と苦痛が伴いますが、
何よりも嫌だったのが、時間を無駄にしてしまっていること。

まだ電車通勤ができれば、移動時に本を読むこともできたかもしれませんが、
会社の近くには駅もなく、仕方無しに車で通勤していました…

このままじゃ本当に時間がもったいない!
移動時に何かできることはないだろうか?

と悩んでいるときに出会ったのが、audiobook jpというサービスです。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

僕は、audiobook.jpを使い始めてから、生活が激変しました。

  • 通勤時や車での移動時間を有効活用したい
  • 日常のちょっとした時間を有効活用したい

という方には本当にオススメなサービスなので、ぜひ一度試してみてください!

僕は、今では逆に移動時間が楽しくて仕方がありません。

オーディオブックを提供するaudiobook jpとは?

audiobook jpとは、朗読された本を耳で聴く、
オーディオブックを提供するサービスです。

オーディオブックは、視覚を使う読書とは違い、聴覚を利用するので、
読書では培えないリスニングやリーディングの能力を高めるとも言われています。

英語を学習するために利用している人も多いみたいですね。

オーディオブックのメリット

僕がオーディオブックを使うことで感じる一番のメリットは、
読書ができない状況でも本を読める(聴ける!?)点です。

それはどういうことか?例を挙げた方が分かりやすいと思うので、
実際に僕が活用している事例をもとに説明しますね。

事例1:移動中(運転中)にオーディオブックで読書

冒頭でもお伝えしたとおり、
僕は長い通勤時間が苦痛で苦痛でたまりませんでした。

1日のうち、3時間弱を運転に使っていたので、
この時間をもっと他に活用できればな…
と何度も考えていたのをよく覚えています。

そんな僕を助けてくれたのは、他でもないaudiobook.jp。

audiobook.jpがあれば、スマホのアプリで音楽を聴くように、
オーディオブックを流すことができます。

それまでは、暇つぶしに音楽を聴くかラジオを聞いているだけだった僕の運転ライフは、
一気に読書ができる時間へと切り替わったのです。

それからは、移動時間がとにかく楽しいものに変わりました。

聴いている本がちょうど面白い内容のときに家に近づくと、
わざと遠回りをしたぐらいです。笑

事例2:料理中にオーディオブックで読書

audiobook.jpを使いはじめた頃は気づいていなかったのですが、
ふとある日、audiobook.jpなら料理中にも読書できるじゃん!と閃きました。

料理中は、運転と一緒で視覚を他に移すことはできません。

しかし、耳で聴けるなら別

それからというもの、
料理や家事をしている時間は、しょっちゅうaudiobook.jpを聴いています。

オーディオブックの最大の魅力って、
ながら読み(ながら聴き)ができることじゃないかなぁ。

事例3:ランニング中にもオーディオブックで読書

audiobook.jpはようするに、
普段音楽を聴いているような時間に本を読むことができるんですよね。

なので、ランニング中にもよくaudiobook.jpを聴いています。

走りながら、身体には体力が付き、頭には知識が付く。

そう考えると、とてもお得な気がしませんか?笑

今まで違うことに使っていた時間を読書にも使える

この3つの事例からも分かるように、
オーディオブックの最大の魅力は、今まで違うことに使っていた時間を読書に使えることです。

例えば、紙の本やKindle等で読書するためには、
日常生活の中から新たに読書の時間を作らなければいけません。

一方、オーディオブックであれば、運転中、料理中、ランニング中と、
新たな読書用の時間を作らなくても、普段当たり前に使っている時間に本を読むことができるんです。

なぜaudiobook.jpをすすめるのか?

さてさて。オーディオブックがあることのメリットを色々と述べてきましたが、
実はオーディオブックサービスを展開しているのはaudiobook.jpだけではありません

audiobook.jpの他にも、
Amazonが提供するサービスであるAudibleというサービスがあります。

Audibleも、非常に魅力的なサービスです。

実はオーディオブックを使い始めた頃、
僕はaudiobook.jpではなくこのAudibleの方を使っていました。

ではなぜaudiobook.jpに切り替えたのでしょうか?

Audibleからaudiobook.jpに切り替えた理由

Audibleからaudiobook.jpへ切り替えたのには、
下記2つの理由があります。

  • 聴き放題が利用できる
  • 細かい速度調整ができる

この2つの理由について、具体的に説明していきますね。

聴き放題が利用できる

2つの理由があるといいましたが、
正直最も大きい理由は、聴き放題が利用できることです。

僕自身、

  • オーディオブックというサービスが自分に合っているのか
  • ちゃんと継続できるのか
  • 聴くことで本の内容が頭に入ってくるのか

色々と不安がありました。

それを確かめるためにも、
とにかくたくさんのオーディオブックを聴いてみたかったんです。

Audibleも返品サービスがあるので、いくつかの本を聴くことはできます。

しかし、何度か返品を行うと、
その度に制限がかかったり、理由を聞かれたりするのです。

それで途中から嫌になり、試しにaudiobook.jpを使ってみようと切り替えたのです。

つまりAudibleは、
気になる1冊をじっくり聴きたい人向けなんですね。

でもaudiobook.jpの聴き放題サービスは、
とにかく色々な本を試すことができます。

僕は通勤時間がとにかく長かったので、
1月に10冊以上は聴いていました。

自分が気に入った本から、
それこそ普段は読まないけど試しに読んでみようかなと思う本まで。

また、英語の勉強をするために、英語教材の本にも手を出しています。
英語が正確な発音で聴けるのは、オーディオブックならではですね。

細かい速度調整ができる

2つ目のメリットとして、細かい速度調整ができることが挙げられます。

Youtubeもそうだと思うのですが、
標準だとスピードが遅いので、1.5倍や2倍で聴きたいときってないですか?

オーディオブックも一緒で、正直標準のスピードだとめちゃくちゃゆっくりです。

それに、何度かオーディオブックで本を読んでいると、
耳が慣れてくるのでより早いスピードで聴くことができるようになります。

どうせなら、同じ時間でたくさんの本を読みたいですもんね。

また、オーディオブックは本ごとにスピード感が違ってきます。

ナレーターや声優の方が読んでくれているのですが、
人によって少しずつ読むスピードが違うんですね。

ですから、同じスピードに設定していても、
本によって全然スピードが違うということがよくあるのです。

そういった場合に、audiobook.jpの細かく調整できる機能は重宝します。
いつでも自分の最適なスピードに合わせて聴くことができるのです。

まとめ

以上、オーディオブックを提供するサービスである、
audiobook.jpについて解説していきました。

聴き放題プランは、月額750円と金額もかなりお得ですし、
最初の30日間は無料で使えるので、
オーディオブックが気になる方は試してみて損はしないと思います!

下記リンクからaudiobook.jpのサイトへ飛べますので、
ぜひ覗いてみてください。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

以上、むーやまでした。