// 記事のビュー数を更新(ログイン中・ロボットによる閲覧時は除く)

理系男子の暮らし術

理系男子の検証記録 くっつく鉄フライパンを激変させる油ならし術

皆さんこんにちは、専業主夫のむーやまです!

つい最近まで会社員でしたが、諸事情にて退職することになり、
一時的に専業主夫をすることになりました。

せっかく家事や料理をする時間がたっぷりあるのだから、

これを機会に専業主夫道を極めたい…!

と思い、日々頑張ってます。

さて今回の検証記録は、
くっつく鉄フライパンをくっつかないようにする方法について。

鉄フライパンは、

  • 熱伝導率が良い
  • 高火力で使える
  • メンテナンスをすれば長持ち

と、様々な特徴がありますが…

僕が鉄フライパンを購入したのは、

「鉄フライパンってなんだかかっこよくない?」

っていう、すごくミーハーな理由です。笑

そんな憧れの鉄フライパン。

ワクワクしながら注文し、やっと家に届いたときには
めちゃくちゃワクワクしたのをよく覚えています。

しかし、そんな憧れに反して、
買ったばかりの鉄フライパンはとにかく食材がくっつく!

最初の油ならしを間違えたのかな?
メンテナンス方法が間違っているのかな?
と悩む日々…

しかし、鉄フライパンを使う前にある手順を行うようになってから、
一気に使いやすい鉄フライパンに激変!!

結論からいうと、その手順とはとにかく高火力で油をならすことです。

実はこの方法、他のブログ等でも紹介されている方法ではあるんですよね。

でも、やってみたけどそんなに変わらなかったよ?っていう方、いません?

それもそのはず。この”高火力”というのがポイントだったのです。

当時の僕も、いくつかの解説記事を読んでみたものの、
高火力で油をならすというのが、どれぐらいのレベルなのか分かっていませんでした…

そこで本記事では、そんな当時の僕と同じような方が鉄フライパンを嫌いにならないよう、
作業過程の写真をいくつも撮りながら、その手順を解説していこうと思います!

マジでめっちゃ使いやすくなるので、騙されたと思って一度やってみてください!

きっと鉄フライパンの虜になっちゃいますから。

作業前の状態

まず、作業前の鉄フライパンを確認しておきましょう。
この2つが我が家の鉄フライパンたちです。

我が家の鉄フライパンが一番可愛い

ちなみに、上のフライパンは山田工業所さんの鉄フライパン。
打ち出しの鉄フライパンなので、しばらくはメインのフライパンとして活躍してくれるでしょう。

山田工業所 打出 鉄フライパン 26cm (板厚1.6mm)

価格:3,025円
(2021/7/17 14:47時点)

下のフライパンは、ambaiのフライパン。
こちらは卵焼きを作るときと、少量の炒めものをするときに使っています。
このサイズの鉄フライパンを一つ持ってると、かなり重宝しますよ。

卵焼き器 ambai 日本製 IH対応 角小 小泉誠【送料無料】

価格:4,730円
(2021/7/17 14:44時点)

ちなみに、鉄フライパンのメンテナンス方法を調べると、保管するときは油を塗って保管!
とよく書かれていますよね。
でも我が家の鉄フライパンたちは、保管時に油は塗ってないです。

これは個人的な感想ですが、事前にしっかりと油をならし、後は適度に使ってあげれば全然問題ないんじゃないかなぁ、と思ってます。

実際、僕はもう2年ほど鉄フライパンを使っていますが、
この保管方法でサビが発生したことがないので。

水洗いした後にコンロで火にかけて水気を飛ばすのは必須ですよ!

油ならしの手順について

さて、それでは早速油をならしていきましょうか!

まず始めに、サラダ油を少量(大さじ1杯程度)フライパンにいれます。

写真でみると、たったこれだけで良いの!?って思いますが、
油は火を入れると水のようになっていきますので、大体これぐらいで十分です。
(もったいないので最低限にしていますが、多い分は問題ありません)

フライパンに油を入れる。

油を入れたら、やや中火ぐらいの火力で油を温めていきましょう。
なぜ中火かというと、鉄フライパンは急激な温度変化を与えると変形する恐れがあるから。

ちなみに、使い終わった熱々の鉄フライパンに水をかけるのは絶対NGですよ!!
最悪の場合、部分的に凹むことがあります。

え、やけに詳しいなって??

はいお察しのとおりです。
何も分かってない初期の頃、熱々の鉄フライパンに水をかけたらジュワ~ってなるのが好きで、よく水をかけていたら…




あああああああっっっ!!!中心付近に凹みができてるっっっっ!!!!!泣


幸い、油膜ができたおかげで今では凹んだ箇所がわからなくなりましたが、
当時は結構落ち込みましたよ。。

油が温まり、底面全体に広がる

さぁ、そうこうしているうちに油が広がってきましたね。
油が底面全体に広がっていれば、油の量は問題ありません。

問題は、この後。

鉄フライパンがくっつく〜っていう方、大体これぐらいの状態で火を止めるか、このまま具材をいれちゃうんですよね。

ある程度育った鉄フライパンであれば、この状態でもそれほど簡単にはくっつきませんが、
まだ購入して日が浅い鉄フライパンでは、高確率でくっつきます。

そこで、ここから一気に最大火力で鉄フライパンを温めていきましょう!!

すると…

すこーし煙が上がってくる

少しずつ、煙が上がってきましたね。

あ、言い忘れていましたが鉄フライパンを温めはじめたら、換気扇はつけておいてくださいね!
じゃないと後で大変なことになります。

さぁ、引き続きどんどん温めていきましょう。

そこそこ煙が上がってくる

さぁ良い感じで煙が上がってきました!!
でも、もっと!まだまだいける!!

煙きたきたー!!

うおーーー!めっちゃ良い感じ!!

ね、換気扇必要でしょ?
これだけ煙が出るので、換気扇忘れると部屋中に煙が充満してしまいます。要注意!

十分に煙が上がったら、火を止める

この写真ぐらい十分に煙が上がったら、火を止めてOKです。
この作業をもって、油ならしは完了となります。

買ったばかりの鉄フライパンはまだ若干くっつくかもしれませんが、
何度かこの作業を繰り返すうちに油膜ができて、簡単にはくっつかない鉄フライパンができます。

油ならしが終わったら、キッチンペーパーで汚れを拭き取りましょう。

キッチンペーパーで油汚れを拭き取る

上の写真を見るとわかるように、高温に熱した油は酸化し、汚れています。
このまま料理に使用すると、汚れが野菜や肉に付いてしまうので、必ずキッチンペーパーで拭き取るようにしてください。

これで、油ならしを終えた鉄フライパンが出来上がりました!
僕のはかなり油膜が出来上がっているので、この作業工程を行えば料理中にくっつくことはありません。

ちなみに、鉄フライパンの裏はこんな状態。

油膜ができた内側と比べると、随分と状態が違いますね!

鉄フライパンがくっついて困ってる方、ぜひ試してみてくださいね!